タイはゴルフパラダイス!アジアを代表するブルーキャニオン カントリークラブ!

タイ大好きおっさん、アスリートゴルファーAKIです。

今日は、プーケットのブルーキャニオン カントリークラブ の紹介です⛳️

ブルーキャニオン カントリークラブは、プーケット国際空港から車で約15分と非常に交通の便が良く、国際大会が多数開催されるアジアを代表するゴルフ場です。

アンダマン海とパンガーの山並みを望む丘稜地帯に730エーカーの広大な敷地を有する、加藤嘉一氏の設計としても世界的に評価が高い36ホールのチャンピオンシップコースで、タイ国内では一度はラウンドをしておきたいゴルフ場の一つです。

ブルーキャニオンカントリークラブには「キャニオンコース」と「レイクコース」の2つのコースがあります。

パンガーの山々とアンダマン海を背景にに設計された「キャニオンコース」は、ジョニーウォーカークラシックが開催されたことでも有名で、上級者、プロをも唸らす高速グリーン、そして多くの樹木、池、渓谷が見事に組み合わされた素晴らしいコースです。17番ホール・パー3は『トップ500・ベスト・ホール・イン・ザ・ワールド』にも選ばれています。

「レイクコース」は1999年にオープンしたコースですが、18ホールの内17ホールに水が関わるというコースで、最終18番、パー4はアジアの中で最高の最終ホールと称賛されています。

メインのキャニオンコースは歩きでのラウンドが基本で、レイクコースは乗用カートが完備されています。

付帯設備も勿論充実しており、練習場、サウナ、ジャグジー、マッサージとあり、レストランには日本食、タイ料理の他、世界の料理が充実していて、プロショップも広々としています。豪華な施設と素晴らしい接客で、ビジターは第一級のサービスを体験できます。

 

《AKIのコース独断評価! 》

ゴルフ場のランク

SSS  SS  ⭕️S  A  B  C

  • プーケット国際空港から約15分
  • フェアウェイ、グリーンの状態はともにGoodですね!

  • コース内へのカート乗り入れはNG!
  • 5人打ちもNGです!
  • ドライビングレンジはありますが、アプローチ練習場はありません!
  • キャディーはとってもGoodです。
  • クラブハウスは豪華で、ロッカールームも広いです。

過去ジョニーウォーカークラシックを開催した際タイガーウッズもプレーしたことのあるアジア最高峰の名門コースです。
キャニオンとレイクコースがありますがまずはキャニオンコースからのリクエストをお勧めします!

 

おっさんはいつもいきあたりパッタイ!

↓タイのプチロングスティ情報はこちらより
http://tgwa.jp/premium/

↓おっさん旅はいきあたりパッタイのFacebookが始まりました!
https://www.facebook.com/ossantabi.jp/

シェアする