タイの新型コロナ感染者数情報!タイ入国後の隔離場所として6箇所のゴルフ場が発表!

ベテラン本格おっさん、パッタイ大好きKUROちゃんです。

1月29日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は802人(国内で感染した人89人、海外から帰国したタイ人10人、海外から入国した外国人11人、外国人労働者692人)、死者は0人、累計の感染者数は17,023人、このうち76人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院した人は11,396人で現在の感染者数は5,551人になっています。

一方、同日発表の日本では、全国で3,534人の感染(タイの約4.4倍)、国内で感染が確認された人は累計で384,039人(タイの約22.6倍)、亡くなった方は5,596人(タイの約73.6倍)です。退院した方は325,761人で現在の感染者数は52,682人(タイの約9.5倍)になっています。

それから、STV(特別観光ビザ)での外国人観光客の受け入れに伴う、タイ入国後のゴルフ付き隔離場所として、6箇所のゴルフリゾートがタイ国政府観光庁(TAT)のTAT News で発表されましたのでご案内します。

1)ミダ ゴルフクラブ Mida Golf Club (カンチャナブリ県)

2)エバーグリーン ゴルフクラブ Evergreen Hills Golf Club (カンチャナブリ県)

3)ブルースター ゴルフコース Blue Star Golf Course (カンチャナブリ県)

4)アティタヤ・ゴルフ&リゾート Artitaya Golf & Resort (ナコーンナーヨック県)

5)サワン・リゾートアンドゴルフクラブ Sawang Resort and Golf Club (ペッチャブリー県)

6)アティタヤ・チェンマイゴルフ&リゾート Artitaya Chiang Mai Golf & Resort (チェンマイ県)

いずれのゴルフ場も市内からは離れてはいますが、宿泊施設が敷地内にありますので、隔離期間中はゴルフをしながらゆっくり過ごすことができるとしています。

空港からの移動手段等、まだ各ゴルフ場からも具体的な情報が発信されていませんが、14日間の隔離期間がゴルフ付きで過ごす事ができるようになると、基本的に部屋に閉じ込められる現状と比べれば嬉しい選択肢になりますね。

コロナ禍でのタイの外国人観光客受入れ体制が更に整ってくれば、日本の状況にもよりますが、今後、タイでのワーケーションという選択も出てくるかもしれません!

 

おっさんはいつもいきあたりパッタイ!

↓タイのプチロングスティ情報はこちらより

タイプチロングステイ

↓おっさん旅はいきあたりパッタイのFacebookが始まりました!
https://www.facebook.com/ossantabi.jp/

シェアする