春節カオス!トラブル続出です

MASAです。

ウイルス騒動でタイの空港も閑散としているようですが、通常は365日カオス状態が続いてるのがドンムアン。
毎回なにかしらのトラブルがあるので、もはや楽しみにすらなっています。

チャイニーズニューイヤーにドンムアンからラオスへ小旅行に行った時の話。

①俺、悪くないよね?

旧正月大晦日ということもあって、大勢の中国人観光客でごった返していたドンムアン空港はいつも以上のカオス状態でした。

出国イミグレで、「おい!」とアニマル浜口を超える気合いの入ったでかい声を発するオバサンが真後ろにいるなど、熱気で包まれていた。
そんな中ようやくきた俺の順番。
パスポートを出して審査を待つ。
するとどういうわけなのか、早くしろとばかりに後ろに並んでたアニマル浜口達が背中をグイグイ押してくる。
このままではカウンターに突っ込んでしまう。
顔は涼しい顔のまま、この国境は越えさせないという覚悟で背中に力を集中させる。
しかし、彼らの想いは強く、崩壊寸前の俺は、カウンターに手を付いて粘る…
とその時、審査官から「手をつくな、危ない!」と怒られた。
いやいや、俺はある意味あんたを守ってたんだよ!と抗議しようと思ったが、出国取り消し→取り調べにもなりかねないので、おとなしくsorryと言ったが、俺、悪くないよね?

②俺、悪いかも。

初のラオス、ビエンチャン。首都とは思えないくらい静かな空港。一歩外に出ても街の喧騒は感じられず、とてものどかだ。
一服をしようと道路を隔てた喫煙所に向かおうとすると、同行中のラオス通の先輩から「こっち(空港の建物出てすぐ)でも大丈夫だよ!ゆるい国だから!」と言われたので、戻ってベンチに座りタバコに火をつける。
3秒後、強面の警察官が登場。パスポートを取り上げられてオフィスに連行される。そこにビーバップハイスクールの立花のミノルクラスの強面警官が追加参戦。「ノースモーキング!」と怒鳴られ、罰金40万キープ(約5千円)を奪われる。この国の物価からすると法外な金額で、日本だと恐らく5万円くらいの感覚じゃなかろうか。

書いてあるよね…

先輩を責めたいところだが、自分が選択した行動であり、やっぱり俺、悪いかも。

まあそのあと、サラダを食う先輩に「ドレッシングっす。」とトマトケチャップを渡してみたりして軽くやり返してみたけど。

ちなみにちゃんと喫煙所ございました。

この国は空港以外は喫煙者天国?で、食堂で灰皿ありますか?と聞いたら、鼻で笑うように「あるわけねーだろ。床だ、床。」と言われました。笑。

あ、今や世界100ヵ国でボタン1つで使用出来るpokefi(ポケファイ)は、ラオスでも快適に使用出来ました。

気になる方はこちらを確認して下さい↓

おっさんタイ紀行~超簡単&超便利!SIM入れ替え不要のポータブルWi-Fi~

シェアする